テレビ番組のメモとか感想とか

テレビ番組のメモや感想を書いていくブログです。

がっちりマンデー!! ★今この「フタ」がスゴイ!~驚きの「フタ」ビジネス 2019年3月17日(日)07:30~08:00放送分

目次

 

がっちりフタビジネス

 

フタを新しくしてがっちりな会社が実は結構あるんです!

 

おなじみセブン―イレブン

最近フタが新しく変わった!?

 

道路を支える最強のフタ

マンホール!

 

その一番大事なポイントが裏側に!?

 

めくるめくフタの世界へご案内!

がっちりフタビジネス

 

出演者:

  • 加藤浩次
  • 進藤晶子
  • 森永卓郎
  • 平野レミ

 

スタジオトーク

平野レミさんのフタでがっちりと言えば・・・

200万個売れたフライパン!

レミパン

 

レミパンのフタここがスゴイ!

  1. 立てられる!
  2. 閉じたまま中が見える!
  3. 専用の注ぎ口から調味料も入れられる!

 

ほとんどの商品にフタが必要

フタの発明で大きながっちりが!

 

セブン―イレブン サラダのフタ変えて賞味期限+1日

まず最初にやってきたのが東京都千代田区にあるセブン―イレブン

 

なんでも新しいフタの商品がグイグイ売上げを伸ばしているという

 

おなじみの商品でフタが変わったというが、

 

なんか最近フタの変わった商品ありましたっけ?

 

変わったのは、サラダのフタ!

 

今までは、パカッって開けるフタでしたが、今はシールのような剥がして使うフタに変わっていた。

 

何でシールのフタに変えたのか?

 

シールのように剥がして使うフタのことを

「トップシール包装」

という

 

これが新鮮で美味しいサラダにずいぶんと貢献している!

 

フタCHANGEで賞味期限が延長!

賞味期限が、

  • 以前のフタ 40時間から
  • シールのフタ 64時間に!

つまり1日も長くなった

 

美味しさキープで長く売れ、サラダの売上げが平均で2割増し!

 

シールのフタに変えて何でそんなに長くできるのか?

 

工場へ

その秘密を教えてもらいに、神奈川県相模原市にあるセブン―イレブンのサラダを作る専用工場へ!

 

この工場でサラダを作っている様子を見せるのは今回が初めて!

 

サラダのフタをつけているのは、

「トップシール包装機」

という機械

 

原理は、

  • フィルムと容器を熱圧着させ、
  • 窒素などの気体で容器の中の環境を整えている

 

重要なのは、フィルムを熱圧着させる前に、酸素・窒素・二酸化炭素のバランスを整え、野菜が元気でいられる良い環境を整えている

 

今年3月から全国に向けて順次販売開始!

 

お菓子のフタに大発明!開けた後何度もくっつく謎

続いて向かったのは、

群馬県伊勢崎市にある「東洋アルミニウム」という会社

 

この会社、5年前にも取材していて、その時は、どんなに振ってもヨーグルトがつかない驚きのフタを発明していた!

 

なんでもその開発者の関口さんがまたまたスゴいモノを作ったらしい

 

出てきたのは、

一回開けても、もう一度ぴったりとつくフタ!

 

このフタが使えそうなのは、

  • スナック菓子
  • ヨーグルト
  • 豆腐
  • ゼリーetc.

 

一度フタを開けた後、食べ切れなかった時、残りをとっておけなかった

 

でも今回の新しいフタなら、フタを再度しめられる!

 

このフタの仕組みは?

フィルムの表面に隠れた粘着層が!

 

今までは熱でつけた層だけなので、一度剥がすとくっつかなかった

 

しかし新しいフタは、その下に粘着層があるので再度くっつけられるようになった

 

でもフィルムに粘着層を増やすのがとても大変!

 

粘着性が強いとネバネバしすぎて薄いフィルム状にするのが難しい

 

素材の種類や強度などの実験を重ね、3年がかりで剥がしてもくっつくフタが誕生!

 

スタジオトーク

メモ:

 加藤から、くっつくフタについて、カップ麺のフタに使えそうと意見。

 

道路支えるフタ マンホール災害時にちょっと

やってきたのは、栃木県大田原市にある「日之出水道機器」

 

この会社が作っているのは、

「マンホールのフタ」

 

実は日之出水道機器は、国内シェア6割という日本一のマンホール会社

 

全国の工場で月に約4万枚製造

※60センチのマンホール蓋換算

 

マンホールのフタはどうやって作っているのか?

知られざるマンホールのフタ作り

 

倉庫にあったのは今まで作ったフタの型

 

その数、3000種類!

 

マンホールの作り方
  • ①型を入れ砂を固める
  • ②型だけ取り除き空洞を作る
  • ③鉄くずを窯でドロドロになるまで溶かします
    ※材料は鉄くず(自動車などの鉄がベスト!)
    ※伸びやすく頑丈になるのが特徴
    Point! 不純物をこまめに取り除くのを忘れずに!
     頑丈でキレイな仕上がりになります
  • ④ドロドロの鉄を砂の型に流し込む
  • ⑤2~3時間冷やし鉄が固まったら砂だけ壊します!
  • ⑥キレイに磨いて加工したら完成!

 

マンホール作りで一番気をつけないといけない事が!

一番重要なのは食い込み加減
  • 普段車から押し込まれているのでどんどん(食い込みが)強くなる
  • 下から空気とか水が上がってきた時に、行き場を失った空気がシャンパンみたいに飛ばしちゃう
  • そこに人や車がいたら危険

 

毎日、車や人に踏まれるマンホールは重さで地面に食い込み過ぎると外れにくくなる

 

すると反対に大雨などの災害時、溜まった空気や水の勢いで飛び出してしまう!

 

そこで、食い込まずしっかり塞がり空気と水が抜けるのが重要!

 

留め具や蝶番と呼ばれる器具でマンホールを留めて、空気や水は通すが外れないようにしている

 

フタのふちにも工夫が!

昔のフタはふちがまっすぐだったため、くさびのようにフタが地面に食い込みやすかったが、最新のフタは、ふちのラインを曲線にすることで重さによる食い込みを防止している

 

フタの裏側にも工夫が!

昔は井桁型だったが、最新は放射状リブ構造になっている

 

放射状にすることで、耐久性が増し、寿命が2倍になる

 

耐用年数が15年から30年に!

 

安全に対する工夫が国内シェアNo.1の会社に!

 

他にもオススメのフタビジネス

キューピーのドレッシングキャップ

中フタが一気に外せる!

 

次回予告

ドン底からちょっとだけ復活

 

www.bangumikansou.com

www.bangumikansou.com

www.bangumikansou.com

 

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村

テレビ番組ランキング


プライバシーポリシー