テレビ番組のメモとか感想とか

テレビ番組のメモや感想を書いていくブログです。

がっちりマンデー!! ★「儲かる町」…地方の小さな町も独自のアイデアでがっちり! 2019年3月10日(日)07:30~08:00放送分

目次

 

超田舎なのになぜか若者が急増!?

過疎化にも負けない…儲かる町!

 

田舎だけど儲かってる町のヒミツがわかる30分!

 

出演者:

  • 加藤浩次
  • 進藤晶子
  • 森永卓郎
  • 井森美幸

 

田舎の町ってあんまりいい話聞かないけど…

井森美幸のふるさと、下仁田町の現状は…

今日のゲスト・井森美幸さんは群馬県下仁田町出身

 

ネギとこんにゃくが有名だそうですが、町の現状は、井森さん曰く、人口が減って、お店も閉まってるそう。

 

和歌山県白浜町にIT企業が集合!?

まずはじめにやってきたのは、人口約2万800人

和歌山県南部の町、白浜町

 

案内されたのは、白浜町ITビジネスオフィス

 

海が見える高台に建つ2階建ての建物、ぱっと見は普通ですが、よく見ると大手IT企業の名前が!

 

実はここ、白浜町が作った貸オフィスビル

 

2004年、とある企業の保養所だったのを町が買い取り改装。

 

貸し出したところ、有名企業が集まり満室に!

そこで昨年、もう1つITビジネスオフィスを建築。

 

こちらもすぐに満室に!

 

今や12社のIT企業が白浜町に集結!

 

結果、毎年

  • 100万円以上の法人所得税
  • オフィスの家賃1300万円

が、白浜町に入ることに!

 

しかし、和歌山の小さな町である白浜町に東京のIT企業をどうやって呼びこんだのか?

 

そこには地元の武器を活かしたいろんな作戦が!

 

白浜町のIT企業呼び込み作戦①

環境の良さをアピール!

 

白くてきれいなビーチが広がる白浜町は、年間330万人の観光客が訪れるリゾート地!

 

温泉もたくさんあり、とにかく居心地がいいですよ!ということを各企業さんにアピール!

 

年商1兆1600億円で、アメリカが本社の世界最大の営業支援系サービスの会社、セールスフォース・ドットコムは、4年前に白浜町支社を設立

 

白浜支社で働く社員は、東京での満員電車での通勤から解放されたり、窓の外を見れば海が見えたりと心地よく働けている様子

 

それらが影響してか、東京オフィスと白浜オフィスを比較すると、白浜オフィスの方が生産性が20%向上したそう。

 

すぐにリフレッシュできてストレスがたまらないから仕事もはかどるんだとか。

 

でも、やっぱり東京から遠い田舎だと色々不便なのでは・・・

 

と思いきや、白浜町には強い武器が!

 

そう、白浜町には「南紀白浜空港」という空港があるのだ。

 

だから東京までは交通の便が意外といい!

  • オフィスから空港までは車でたった5分
  • そこから飛行機で羽田空港まで1時間20分
  • 羽田空港から品川駅まで電車で15分

合計1時間40分で行く事ができる。

 

白浜町のIT企業呼び込み作戦②

とにかく便利な町にする!

 

白浜町では対災害ネットワークを整備

 

オフィスやビーチに災害時でも途切れないWi-Fiネットワークを整備

 

確かにこれはIT企業にとって、かなりうれしい

 

災害がないときは常時、フリーWi-Fiとして開放されているので、海辺で仕事したりとかも可能

 

さらに、お金もサポート

進出企業には、和歌山県から条件を満たせば助成金をサポートしている

 

この助成金が結構すごい

  • 社員の飛行機代
  • 電話やネットなどの通信費
  • オフィスの家賃

の半額を県の助成金でサポートしているのだ

 

なぜ、こんなにサポートするのか?

和歌山県庁に聞くと、

(地元に)雇用を生みたいという思いが一番強い、とのこと

 

県外への若者の流出が悩みの種だった和歌山県

 

IT企業が来てくれれば地元の若者を雇ってもらえる!と考えた

 

セキュリティシステムを開発している会社、「クオリティソフト」は2年前に東京千代田区にあった本社を白浜町に移転した

 

本社勤務社員約80名のうち、9割が地元、和歌山県人

 

スタジオトーク

一度は失敗した企業誘致作戦 ふれあいの場所を作ったら…

森永:

 最初に進出したIT企業でうまくいかずに帰っちゃった企業もあったそうなんですけど、コミュニケーションを円滑にするBBQとかやるようになって安定して、今はどんどん増えてる状況

 

メモ:

 他にも、ランチ会やバトミントン会などもあるそう

 

香川県三豊市はゴミを石炭に変身!

続いてやってきたのは香川県中部の町、三豊市

 

可燃ごみを燃やさないで儲かっているとのこと。

 

燃えるゴミを燃やさないで儲かる?

ちょっとよくわかりませんが・・・

 

どんな方法で処理するの?

 

日本で初めてのトンネルコンポスト方式で処理している

 

トンネルコンポスト方式とは、

  • 燃えるゴミを粉砕機に入れる
  • ゴミを細かく砕く
  • 微生物がついた土や木くずをゴミと一緒に混ぜ合わせる
  • 奥行きが35メートルの薄暗い倉庫の中へ
  • 17日間待つ

というゴミ処理方式 

 

この中で17日間微生物がゴミを発酵して処理するのだそう。

 

燃えるゴミには、

  • 生ゴミ
  • 紙、ビニール、布など

があるが、その中で、混ぜ込まれた微生物が生ゴミを分解・発酵していく。

 

その時に熱が発生し、およそ70℃まで温度があがる。

 

するとその熱で生ゴミじゃない方のゴミがパリパリに乾燥するという仕組み

 

これにより、生ゴミは分解して、分解できない紙やビニール袋が残る

 

今度は乾燥したゴミを圧縮

すると出てくるのは筒型のかたまり

 

この筒型のかたまりは、固形燃料で、石炭の代替燃料として製紙会社のボイラーなどで使われるのだそう

 

この固形燃料、火をつけると高温で燃えるので、石炭の代わりに使えるのだとか。

 

まさに「ゴミの石炭」 

 

これを近所にある製紙会社に1kg3円で販売

 

値段は石炭の約4分の1

 

燃えるゴミを燃やさず燃料に変えるトンネルコンポスト方式

 

この方式を導入しているのは日本で三豊市だけ

 

ヨーロッパで見つけてきたのだそう

 

年間売上げは2億7000万円

 

もしゴミ焼却場を建てていたら三豊市が払う建築費は約50億円

 

でも、ゴミを燃やさないゴミ処理場の建築費は約16億円

 

しかもこれ、ゴミを燃やさないゴミ処理場は民間会社の事業なので、三豊市が支払う建築費は0円

 

北海道東川町は町立の日本語学校

続いての儲かる町は、北海道東川町

鉄道も国道もない、人口約8200人のちっちゃな町

 

なんと、北海道の129ある町で人口が増えているのは…

ニセコ町と東川町だけ!

 

しかも東川町の人口は、20年間で約20%も増加!

その分、税収も増えて町も活性化

 

その秘訣は、他の町がやらないようなことをどんどんやってるかららしい

 

他の町がやらないようなこと その①

廃校となった旧小学校を活用し、公立の日本語学校を作った

これが日本で初だった

 

東川町にいる留学生は約300人

 

でも留学生はどうして東川町立日本語学校に?

 

理由は、学費が相場の半分ぐらいの安さだから!

 

町営の学校には国からの補助金が出るため、民間の日本語学校よりも、ぐっと安くできる

 

若い留学生が増えた事で、今風のカフェもここ10年で25軒から60軒に増加!

 

留学生は学費が安くて助かる

→東川町は税収も増える

→町の商店街の売上げも上がる

と良い事づくし

 

他の町がやらないようなこと その②

ひがしかわ株主制度を作った

町なのに株主制度? 

 

実はこれ、ふるさと納税を利用している

 

ふるさと納税の返礼品を株主優待として、東川町で出来たお米や水がもらえたり、投資額によっては、東川町の職人手作りの家具がもらえる

 

さらに株主証というカードがもらえるんですが、これがお得ってことで人気!

 

1万円以上を投資した株主さんなら、町の宿泊施設に6日間も無料で宿泊できるという株主優待がある

 

他にも

  • スキー場のリフト券は最大800円引き!
  • 東川町で食事や買い物をするとポイントが貯まって割引に!

などがある。

 

このお得な株主制度で東川町に来る観光客が増加!

 

結果、1年間のふるさと納税額は3億円!

 

スタジオトーク

外国人留学生が来ると他にも色々良い事が…

森永:

 外国人留学生が来ると労働力不足も解消し、若者が来るので、日本人の若者も来る。

 

ゴミを燃料に!他の町でもできる?

 メモ:

 他の町からも、引き合いはきているとのこと

 

他にもある儲かる町 

北海道猿払村

 

市町村別年収ランキング(1人当たりの年収)

  • 1位 港区(東京都) 1115万円
  • 2位 千代田区(東京都) 944万円
  • 3位 猿払村(北海道) 813万円
  • 4位 渋谷区(東京都) 801万円
  • 5位 中央区(東京都) 634万円

※AERA.dotより

 

なぜ猿払村が儲かったかというと、ホタテ!

 

もともとすごい貧しい村だったが、何とかしなきゃいけないということで、ホタテの稚貝を買ってきて海にまいたら、たまたま環境が合って大増殖したそう。

 

今や、ホタテ御殿がバンバン建って、高級外車が走って、村役場が宮殿になっているそう。

 

次回予告

  • がっちり!フタビジネス

 

www.bangumikansou.com

www.bangumikansou.com

www.bangumikansou.com

 

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村

テレビ番組ランキング


プライバシーポリシー