テレビ番組のメモとか感想とか

テレビ番組のメモや感想を書いていくブログです。

がっちりマンデー!! 視察が殺到するスゴい会社! 2019年2月24日(日)7:30~8:00放送分

目次

 

年間100社以上が押し寄せる!

視察が殺到するスゴい会社

 

出演者:

  • 加藤浩次
  • 進藤晶子
  • 森永卓郎
  • 眞鍋かをり

 

 株の投資でがっちり!?

眞鍋かをりは・・・

株をやっているので株価などもチェックしていきたい

 

森永:

見せてもいい = 腕に自信がある!

 

アレを包む機械でシェア90%

やってきたのは、栃木県宇都宮市

レオン自動機

 

レオン自動機とは

食品を作る機械のメーカー

 

視察にきていた方は42社で

  • お菓子業界
  • 食品メーカー

の方たち

 

年間で700社以上だそう

 

包あんする機械

→生地であんこを包む機械

 

包あん機「火星人」

 

包あん機の国内シェア

レオン自動機が90%

 

世界124の国と地域にも輸出!

 

視察に来ていた人たちは、意外にも

すでに「火星人」を買っている人たち・・・

 

視察のお目当ては・・・

作っているお菓子のほう

 

レオン自動機は機械を作るだけじゃない

 

「こんなお菓子も作れる」というデモンストレーションを月1ペースでやっている

 

だから

視察に来れば新しいレシピまで考えられる!

 

そのため

「新商品を作りたい!」という食品業界の方が殺到しているのだ!

 

新商品のアイデア

でも

生地であんこを包む包あん機だと

新しく作れるものってそんなにないのでは?

 

生地であんを包むので

例えばカレーパン

 

ひき肉に卵を包めば、スコッチエッグ

 

ハンバーグも

中は脂身の多い肉で、外は硬めのお肉にして

よりジューシー感を出せる

 

実は

お馴染のお餅アイスも火星人で作ったもの

 

オプション機械

オプション機械をつければ

つつんだ製品の上部にヒダをつけられる

 

メモ:

肉まんとかの上の部分のヒダのことで、スーパーなどの肉まんやコロッケもほぼ火星人だそう。

 

さらに

三重包あん装置ポンプフィーダー

というオプション機械をつけると、

人の手では不可能な液体も包める!

 

火星人に取り付けられるオプションは300種類以上

 

その全ての組み合わせを熟知しているメーカーだからこそ

新商品を発案できる!

 

売上げ

レオン自動機の売上げも年々増加し、2017年度は

279億円

 

レオン自動機のすごいところ

食品機械メーカーなのに作る新商品まで提案しちゃう!

 

オプション・ツインリング

これを取りつけるとドーナツ状の形になって、かつ、その中身は包あんされている商品が出来る

 

続いて、

 1粒1000円のイチゴを作れる秘密

宮城県山元町にある

GRA

 

仙台から車で45分かかるこの場所に年間2000人が視察に訪れる

 

日本中・世界中から視察が殺到する理由

それは、

GRAの農園がとんでもなく良いイチゴを作っているから

 

それがこちら

ミガキイチゴ

 

最高ランクのミガキイチゴは

1粒 1000円

 

GRAのイチゴは大人気で、年間出荷量は

126トン

 

視察が殺到する理由は、世界最先端の栽培技術を視察するためだった

 

とにかくあらゆる作業が自動で細かく決まっている

 

ハウス内で光合成に必要な二酸化炭素が足りなくなれば

自動でCO2ジェネレーターという機械から二酸化炭素が放出される

 

湿度が下がれば

自動でミストが散布される

 

管理しているもの

  • 温度
  • 湿度
  • 日射量
  • CO2濃度
  • 肥料濃度
  • 風量
  • 光合成光量子
  • 培地温度

などをデータで管理し、コンピューターが自動で調整してくれる

 

GRAのイチゴ栽培で使っているのは

栄養分のある土ではなく

栄養ゼロのヤシ殻

 

理由は、

土で栽培してしまうと、土の中に肥料成分があるのでそれのコントロールが非常に難しいからとのこと

 

土には栄養分が含まれているが、それは土ごとにバラバラ

→それだとデータ管理の邪魔になる

 

だから栄養分ゼロのヤシ殻にしている

 

「与える栄養分 - 排液 = どれくらい栄養をとったか」 

 を計測することで、そのイチゴがどれだけ栄養を取ったかが計測できる

 

メモ:

データの基準となるのは、ベテランイチゴ農家のアドバイスだそう

ベテラン農家から、「昼間の温度はもっと下げろ」「乾燥しすぎだ」などのアドバイスをもらい、データ化していったらしい

 

なぜ視察でノウハウを公開しているのか?

ミガキイチゴブランドを広めるため

 

メモ:

フランチャイズとして他の農家さんにもミガキイチゴを作ってもらってそれを買い取り、ミガキイチゴブランドとして百貨店などに売る。

 

その際にマージンをもらって利益を出そうとしている。

マージン率は内緒だそう

 

年間のミガキイチゴ出荷量(番組推定)
  • GRA 126トン
  • 外部の農家 120トン

 

続いて、

現金とガス台が無いレストラン

東京・馬喰町にある

GATHERING TABLE PANTRY(ギャザリング テーブル パントリー)

 

年間の視察企業は

百数十社

 

実はこの会社

ロイヤルグループの研究開発店舗

 

ロイヤルグループには

  • ロイヤルホスト
  • てんや

などがある

 

この店舗、

会計はSUICAやQRコードで済ませている

 

つまり、

完全なキャッシュレスにチャレンジしている

 

完全キャッシュレスにどのようなメリットが?

  • レジがない
  • バックヤードの金庫がない

そのため

スペースの節約

が実現できる

 

そして現金の無い最大のメリットが

閉店後のレジ締めという作業がなくなる

 

メモ:

普通の飲食店では、売上げがレジの中にある金額と合っているかチェックするが、その作業に30分以上かかることも。

さらに悲惨なのが、売上げとレジの金額が合っていない時。

 

つまり、

完全キャッシュレスはスタッフの負担を減らす為なのだ

 

人手不足の悩む外食産業に対応しているお店ということで視察が殺到しているのだ

 

キッチンに調理用のガス台が一切ない

どうやって調理しているのかというと、

マイクロウェーブコンベクションオーブン

 

内部にSDカードが入っており、1つ1つの料理の火加減が記録されている

 

セントラルキッチンで作られた半冷凍のものをオーブンに入れて料理番号を入力するだけ

 

普通のコンベクションオーブンでは一度設定した温度のままだが、

こちらのオーブンでは調理中に自動的に熱の入れ方が変わるのだ

 

実はこれ、プロの火加減を再現したもの

 

実際にシェフが調理する火加減や時間をその都度計測しデータ化

 

このオーブンなら、

  • 誰でも簡単に料理が作れる!
  • 研修にも時間がかからない!
  • 油汚れがないから掃除が楽で臭いもつかない
  • キッチンがコンパクトで業務用の換気扇がいらない

 

これにより、飲食物件じゃない所でも出店が可能になる

→火気厳禁の場所にもお店を出せる

 

だから視察には、「自社の店内に飲食店を作りたい!」という鉄道関係やアパレル関係の会社もくる

 

他にもある視察が殺到する会社は?(森永紹介)

栃木県・宇都宮の

アップライジング

 

中古タイヤとかホイールの販売をしている会社

 

事故とかするとホイールがゆがんでしまうが、この店は特殊な機械でそのゆがみを元通りにしてくれるので買わなくてすむ

 

次回予告

パンビジネス2019

 

www.bangumikansou.com

www.bangumikansou.com

www.bangumikansou.com

www.bangumikansou.com

 

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村

テレビ番組ランキング


プライバシーポリシー