テレビ番組のメモとか感想とか

テレビ番組のメモや感想を書いていくブログです。

がっちりマンデー!! 巨大業界でキラリと光るちびっこ企業!2019年2月3日(日)7:30~8:00放送分

今日のがっちりマンデー!!は、

 

小さくても大手には負けない!

巨大業界の中のちびっこ企業

 

大手にマネのできない独自の技術や儲かり戦略で・・・

 

がっちり!

 

という、ちびっこ企業が存在する!

 

今日はそのような企業を特集

 

出演者:

  • 加藤浩次
  • 進藤晶子
  • 森永卓郎
  • 山崎弘也(アンタッチャブル)

 

目次

 

山崎弘也は人力舎所属。

山崎:

 そう、芸能界のちびっこ企業、プロダクション企業・人力舎所属でございます

 

※プロダクション人力舎

 オアシズ おぎやはぎなどが所属する・・・

 社員スタッフ18名で運営する芸能プロダクション

 

ザキヤマが語る芸能界のちびっこ企業 人力舎のいいところは?

山崎いわく

よしもとのように、事務所の中で戦うことはない。

人力舎として、芸能界に向かっていかないといけない

 

自動車業界(57兆円市場)

やってきたのは、富山県富山市光岡自動車

 

日本で一番小さい自動車メーカー、

 

光岡自動車

 

2018年売上げランキング(番組調べ)

  1. トヨタ
  2. ホンダ
  3. 日産
  4. スズキ
  5. マツダ
  6. スバル
  7. 三菱
  8. いすゞ
  9. 日野
  10. 光岡自動車

 

光岡の年間販売台数

光岡の年間販売台数は550台

トヨタグループ(トヨタ、ダイハツ、日野自動車)は、1000万台

 

販売台数は1/10000以下しかない・・・

 

でも、作れば売れる

予約待ちのがっちり自動車メーカー!

 

光岡自動車は、

大手メーカーから車を購入して改造している

→光岡の新しい車に作り直して販売している

 

ビュート

日産マーチを改造して

光岡一番の売れ筋である

「ビュート」

が完成する

 

値段も、

マーチ 115万円

に対し、

ビュート 240万円~

と高いが、それでも

 

年間300台売れるそう

 

ロックスター

マツダロードスターも、ボディをつけかえて

光岡ロックスターに変身

 

値段は、

ロードスター 255万円

ロックスター 469万円~

となる。

 

オロチ

エンジンはトヨタ製

シャーシー・ボディ・内装は光岡オリジナル

 

デビルマンオロチは、昨年末2000万円で販売済

 

光岡自動車がばんばん売れる人気の秘密

なんといってもその、

 

改造テクニック!

 

大手のメーカーに出来ないスゴ技が光岡カーを生み出している!

 

溶接

ロボットではなく手作業

 

ボディの塗装

ロボットではなく手作業

専門の職人が必ず1人で1台ずつ仕上げていく!

→複数のスタッフで塗装すると塗りが重なって色ムラができる!

 

 今、光岡では意外なクルマが売れている

それは、

 

リューギ センターストレッチリムジン

 

これは霊柩車なのだ

 

ベースは、

トヨタカローラフィールダー

 

霊柩車に改造するために一番重要なのは、

車体の長さを伸ばすこと!

 

そのため、車体の真ん中をカットし、

ボディを付け足し、お棺を納められるように改造している

 

光岡製霊柩車の利点

もともとクラシカルなデザインのため、

長く使っても古臭くならない!

 

エンジンはトヨタ製なので、

長く使える!

 

現在、500万~900万円くらいの霊柩車が、

年間150台 販売されている

 

輸入車の販売事業も含めると

年間売上げ230億円

 

 パソコン業界

やってきたのは、長野県飯山市にある、

 

マウスコンピューター飯山工場

 

 

 マウスのパソコンは、

直営店や家電量販店でも買えるけど

半分以上はインターネット受注の

オーダーメイド生産

 

お客さんが指定したものを1台ずつ組み立てて発送!

 

セル生産

従業員1人1人が1台のパソコンを最初から最後まで組み立てる生産方法のこと

 

オーダーメイドだから在庫も売れ残りもない!

 

つまり、

超効率がいい!

 

ゲーミングパソコン

今、マウスでばんばん売れているパソコンが、

ゲーミングパソコン

 

※ゲーム専用に設計されたパソコンのこと

※eスポーツなどのネット対戦ゲームを行うための専用パソコン

 

現在、

マウス飯山工場だけで、

1日600台のパソコンを出荷中

 

そのうち、8割がオーダーメイド!

 

国内生産だから、修理も早い 

 マウスコンピューターは、

会社は小さいけど、ちゃんと国内生産だから、

修理もすぐ頼めて早い!

 

住宅設備業界

やってきたのは、徳島県吉野川市

 

日本フネン

 

分譲マンションの玄関ドアを主に作っている会社

 

日本フネンは、住宅設備の中でも玄関ドアを作るメーカー!

 

玄関ドアの日本シェア1位!

 

マンションの玄関ドアの国内シェア45%!

 

この分野では、LIXILや三和シャッターよりも

日本フネンの方が売れている!

 

なぜ圧倒的なシェアが取れるのか?

ドアの専業メーカーとして目配り気配りのできる作り方をしているから

 

例えば、

ピッキング防止ドア

日本フネンが最初に考案したドアで、ドアの隙間からピッキングされるのを防ぐために1センチほどの折り込みをいれた。

 

指挟み防止ドア

子どもや高齢者が、ドアの内側で指を挟まないように工夫したドア

ドアが閉まる際に、軸をずらすことで、指が挟まっても痛くないようにしている

これも日本フネンのアイデア

 

今、グイグイきているちょっと変わったドアが

玄関ドアだけでなく、

駅のホームドアまで作っていた!

 

現在、年間5000枚のホームドアを制作

 

これから10年はホームドアの発注が減る事はないと言われている

 

主力のマンションドアは、

年間18万枚を出荷

売上げ134億円

 

駅のホームドアは、

路線ごとに違うから

大企業が大量生産というわけにはいかない

だから日本フネンが儲かる

 

畜産業界

長野県の

マルイチ産商

 

ここは、信州白樺若牛を作っている

 

いま、ブランド牛のない都道府県は1つもない

そのため、日本では霜降り牛ばっかり作っている

 

その中で、

オーストラリアで、

アンガス牛のお母さんと、和牛のお父さんを組み合わせて

その子牛を日本に連れてきて、

赤身だけど和牛の風味の肉を作っている

 

次回予告

儲かる!保存ビジネス

ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村

テレビ番組ランキング


プライバシーポリシー